本格的な陰圧ルームを簡単に導入する事ができます。

陰圧ルーム「東雲」シリーズは、感染疑いのある患者様専用の「検査」「診察」「待合室」に、ご利用頂けます。

陰圧ルーム「東雲」シリーズは、簡易陰圧装置として、補助金の対象となります。

株式会社レブセルの陰圧隔離ルーム「東雲シリーズ」は、「前室」・「冷暖エアコン」・「検体搬出用のBOX窓」・「感染対策用特殊HEPAフィルター付排気ユニット」等を標準装備したオールインワンの本格的な陰圧ルームです。

特殊な工事も必要なく、今からでも簡単に導入して頂く事ができます。


NEWS

お得な「新製品キャンペーン」のご案内です。

陰圧ルームを作りたいが場所が無い、費用をあまり掛けられないが本格的な陰圧設備が欲しい。

そんなリクエストにお応えします!

待合・検査・診察・会計など、マルチに対応できるコンパクト陰圧ブース「MC-BOX」

期間限定でキャンペーン中!

詳しくはこちらから


NEWS

弊社プレスリリースが各メディアに掲載されました。

朝日新聞デジタル&M → https://www.asahi.com/

ヤフーニュース  →  https://article.yahoo.co.jp/

その他掲載関係は ⇒ こちらから


NEWS

令和2年度介護施設等における簡易陰圧装置・換気設備の設置に係る経費支援事業として、陰圧ルーム「東雲」は補助金の対象です。→ 補助金はこちら

*30床以上の施設は、各都道府県庁までお問合せ下さい。

*29床以下の施設の場合は、最寄りの市区町村までお問合せ下さい。


NEWS

新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業 (医療分)として陰圧ルーム「東雲」は補助金の対象です。→ 補助金はこちら

 


ここがPOINT

陰圧ルーム「東雲」シリーズは、各種ガイドラインに沿って開発していますので、安心してご利用頂く事ができます。


優れた換気能力

「東雲シリーズ」の空調システムは、

吸気用と排気用の2つのファンフィルタユニットを採用。主室内を確実に陰圧に保ちながら、感染症学会などが推奨する換気回数も十分クリアーしています。


オールインワン

ブース型、テント型と違い、床面も含め完全密閉空間を実現。確実に陰圧にする事ができます。また前室、ファンフィルターユニット、エアコン、パスボックスなど充実装備の本格仕様。

簡単に本格的な陰圧室が作れます。


現状回復がしやすい

部屋ごと陰圧室に改修する事は、費用、工期ともにとても負担が大きくなります。弊社陰圧ルームは組立設置に1日掛かりません。コロナ禍終了後は、撤去も簡単にできるため、現状回復に掛かる費用も抑える事ができます。



YouTube動画

陰圧ルーム「東雲」シリーズのご紹介





製品用途

急場を凌ぐ為の転用品では無く、感染症学会や米国CDCのガイドラインに沿って、一から開発した陰圧隔離ルーム「東雲シリーズ」は、「PCR検査」や、「診察」感染の疑いのある患者様用の「待合用の隔離スペース」など、様々な用途でご利用頂けます。

特殊な工事も必要無く簡単に導入できる為、医療現場は元より学校や商業施設など、生徒やお客様の急な発病時に「一時的な待機ルーム」としてもご利用頂けます。


設置場所

「東雲シリーズ」は、無駄を省いたコンパクト設計。院内の待合スペースやロビーはもちろんの事、会議室や個室の中にも設置が可能です。

空いているスペースさえ有れば設置ができるので、部屋を丸ごと潰す必要が有りません。

駐車場などの屋外設置や、トレーラーにセットされた「移動用の陰圧ルーム」もラインナップしていますので、出張用の検査ルームとしてもご利用頂く事ができます。


お問い合わせ

設置場所のご相談から、製品の事など、ご導入に向けて気になることなど御座いましたら、お気軽にお問合せ下さい。

お問合せは、ホームページ内「お問合せフォーム」よりご連絡頂くか、メール若しくはお電話にて賜ります。電話番号、メールアドレスは、ページ最下部に表示しています。折り返し担当者よりご連絡させて頂きますので、宜しくお願い致します。

 



*関連商品もご案内しています。 関連商品